>>>>株投資で儲けたあとは・・・<<<<

2006年02月18日

出来高

出来高とは・・・その日に取引された株の総数です。

上記説明は、「出来高」という言葉の意味を端的に示したものです。
ですが、この「出来高」はHIGEトレードにおいて非常に重要な意味をもっています。

そもそも、株の値動きが投資家の人気投票のようなものであることに気が付いているでしょうか?多くの人が上がると思った株は値上がりし、下がると思った株は値下がりします。
それは、「まだ値上がりする」と思う人がいればどんどん高値で取引が成立することを考えれば明白な事実です。

そして、下ヒゲと出来高の関係を考えてみます。
下ヒゲと出来高増が同時に現れる状況とは、ある程度値下がりした状態で多くの投資家が「その値段は安い」と解釈し、たくさんの売買が成立した状態です。さらに下ヒゲですから、わずかに株価を押し上げた状態です。

つまり自作ソフトの銘柄検索のトリガとしている下ヒゲ+出来高の条件とは、多くの投資家が底値であると判断し、やや反発した銘柄を探していることになります。

「多くの投資家が底値と判断した⇒本当に底値になる確率が高い」といえます。
【関連する記事】
posted by hige-trader at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。